リスニングの力を伸ばしたいと思っているけれどなかなか思うように聴き取れるようにならないという人は少なくないのではないでしょうか。様々な理由が考えられますが、そのひとつは「英語の音そのもの」に慣れていない、ということかもしれません。

聴くトレ第二弾の Intensive Dictationは、やさしい英文を聞いてその内容をすべて書き取るトレーニングです。最初は聴き取れない部分が多くて戸惑うかもしれませんが、自分のペースで練習していくと、驚くほど早く自分の成長を実感できるようになります。「間違い」から学び、それを積み重ねることによって、聴き取れる「英語の音」が増えていくのです。 聴き取れる音が増えると、それらを再生できるようにもなります。つまり、スピーキングの改善にもつながるのです。

コツコツと練習を積み上げていくプロセスが、運動の「筋トレ」に似ているので、このトレーニングを 「聴くトレ」と名付けました。

トレーニングの流れは、ただ英文を聴いて書き取っていくだけのシンプルなものです。 再生用のディバイスを上手に使って、聴き取れないところを何度も聴いてみてください。何度かやってみて聴き取れない部分があるときは、あきらめてかまいません。聴き取りにかける時間は、高校1年生や英検準2級を受験する人の場合は、5分程度を想定していますが、必要に応じて長くとってもかまいません。聴き取りが終わったら、スクリプトを確認し、間違いを直します。その後、音声に合わせてスムーズに読めるようになるまで何度も音読しましょう。スピーキングのよい練習になります。

このトレーニングは、運動の「筋トレ」のように、個人で行うトレーニングです。焦らず、しかし飽きないように、自分のペースで進むことが大切です。コツコツと努力を積み重ねていけば、必ず結果は出るものなのです。

PRACTICE MAKES PERFECT.

この記事をシェアする

関連する記事