生徒が英語で考え英語で表現できるように、教師は授業のなかでどのような仕掛けをして英語でのコミュニケーションを促すべきか?ここでは、その例となるSmall Talkの展開例を紹介します。中学3年生から高校1年生までの生徒を対象とした生徒同士の英語でのコミュニケーションを促す展開例です。

【展開例】 生徒自身がお互いの考えを伝え合う。

今回のトピックは「How many national holidays are there in June?」です。教師は話題を提示し、生徒同士の対話を促していきます。太字の質問はペアで行います。

中・高 Week 5-1: How many national holidays in June? (前)

前回の展開例を振り返ります。

T: Now, we are in June. Personally, I like June very much because it is the best fishing season. What month do you like the best?

 - What month do you like the best? Why?

T: S1, what month do you like the best?
S1: Well, I like September the best.
T: Would you tell me why you like September the best?
S1: I like September the best because I was born in September.

実は、S1が「9月が好きな理由」として示した答え(S1: I like September the best because I was born in September) は、あまり歓迎すべきものではありません。どうしてでしょうか? このような答えは、それ以上のコミュニケーションを生まないものだからです。このような答えで「逃げる」ことを認めてしまうと、生徒はそれを「逃げる答えも認めてくれる」というメッセージとして捉えます。それを避けるために、このようなときにはさらなる質問をします。

T: Do you have any other reason why you like September?
S1: Well, let me see, oh, I like the weather in September. It’s not too hot.
T: It’s not humid either. I like September, too.

続く部分を振り返ります。

Then, what do you think of when you hear the word June?

- What do you think of when you hear the word “June?” 
 S2,what do you think of when you hear the word “June?”

S2
: I think of the rainy season.
T: You like rainy weather?
S2: Of course, I don’t.
T: What does your partner think of when she hears the word “June?”
S2: She thinks of “June bride.”

今回は、S2のパートナーのJune brideという答えを「拾って」、さらに対話を展開させます。

T: Ah, we often hear the words. Then, S3, what do you think is the most popular month for Japanese people to get married in?
S3: June?
T: Actually, no, it’s not. A certain website says, in 2018, November was the most popular month to get married in.
June was the seventh most popular month to get married in.
Then, S4, what do you think is the most popular month to get married in in New Zealand?
S4: In New Zealand? I have no idea. March?
T: In New Zealand, January is the most popular month to get married in. January is the peak holiday season in New Zealand, too.

このようなやりとりを即座にやれるようにするためには、What do you think of when you hear the word “June?”という質問に対する生徒の反応を予見しておく必要があります。難しいように思えますが、実はこうしたやりとりは日本語で日常的にやっていることなので、十分可能です。また、インターネットのおかげで、こうしたあまり知られていない事実について事前に調べておくことも簡単です。

続く部分を振り返ります。

T: By the way, how many days are there in a year? Yes, three hundred sixty five days.
Then, S5, how many days are there in June?
S5: There are 30 days in June.

前回は、このやりとりから「今年はどの月が一番休日が少ないか」という質問に繋げましたが、今回は「それぞれの月には何日あるか」について取り上げてみます。

T: Yes. Then, how do we know which month has 31 days?

- How do we know which month has 31 days?

T: S6, how do we know which month has 31 days?
S6: I say “ni-shi-mu-ku-samurai.”
T: That’s the famous one. Then, why samurai means November?
S6: I don’t know.
T: The Chinese character “士” is made up of “十” and “一.”
S6: Ah, hah.
T: There is a famous rhyme about short months.

30 days has September,
April, June and November
All the rest have 31
Except February alone
Which has 28 days clear
And 29 in each leap year

Can you say it in rhythm? 

How do we know which month has 31 days? という質問は前回の質問よりも簡単かつ自然かもしれませんね。また、短い月の覚え方は生徒によっても違うので面白いやりとりが期待できます。ここでは、多くの人が使っている「西向く士」を使ってさらに展開してみました。「士」がなぜ11 月を示すのかはあまり知られていません。ライムも紹介してみました。このような海外の「文化」についてふれることもまた、英語の教員が取り組むべきことです。

今回のSmall Talkでは数や数の大小をめぐる表現を数多く取り上げました。英語と日本語では、数をめぐる表現には様々な違いがあり、「使って」覚える必要があるので、Small Talkのなかで度々扱うとよいと思います。

冒頭で、生徒に「逃げる」ことをさせないことについてふれましたが、これはコミュニケーションの授業をするにあたって大いに重要なことです。生徒らが「積極的」にコミュニケーションする態度を持てるように、1回の授業を「点」として考えず、1年間の授業、または中学校や高等学校での英語学習の「線」上の一点として考えるべきです。今日の授業は明日の授業を支えるのです。「線」を意識して生徒の「心理」をケアしていくことの大切さはスポーツを教えることをイメージするとわかりやすいと思います。授業を、英語でのコミュニケーションを「積み重ねて」いくことを意識しましょう。

この記事をシェアする

関連する記事