夏休みが終わろうとしています。学校によってはすでに授業が始まったところもあるようですね。今回は、このタイミングを利用して、夏休みを振り返り、この秋の目標を立てるやりとりを紹介します。久しぶりに英語を話す生徒も多いと思われますので、丁寧に仕掛けをする必要があります。

【展開例】 太字部分の質問は、ペアでお互いに質問させます。

T: Welcome back to school. Summer is not over, it’s still very hot every day, but the summer break is over now. How was your summer break? Was it great? Was it OK? What did you enjoy the most?

- How was your summer break? What did you enjoy the most?

T: S1, how was your summer break?
S1: It was OK.
T: What did you enjoy the most?
S1: I stayed at home and saw a lot of movies.
T: That’s good. How was your partner’s summer break?
S1: He says it was great. He enjoyed playing with his friends.

Howを用いた程度を聞く質問は、生徒が戸惑うもののひとつです。このような機会を生かして日頃から使って慣れさせると良いと思います。念のため、 Was it great? Was it OK? と答え方の例を示しました。今年は特殊な状況なのでWhat did you enjoy the most? という質問はしづらいのですが、生徒に何らかの答えを見つけて欲しいと思い、あえて聞いてみました。

サムネイル画像2-Aug-12-2020-11-56-57-71-PM

T: I am sure you will never forget this year’s summer break. Is there anything you should have done in the
summer break? I mean, something you planned or wanted or tried to do but you couldn’t do. In my case, I should have spent more time with my sons. What should you have done?

-- What should you have done?

T: S2, what should you have done?
S2: Well, I should have finished my homework earlier. I was very busy on the last day.
T: It happens to everyone. What should your partner have done?
S2: She says she should have spent more time with her cat.

助動詞+have+過去分詞は高校で学ぶ文法事項ですが、既習、未習を問わず、今回のようにコンテクストが設定しやすい場合に導入しておくと良いと思います。特に初めて導入する場合には、ここで示したようなスムーズなやりとりをすることは難しいでしょう。必要に応じて、re-castしてあげるなどのケアが必要になると思います。

Now, the school has already started. Tell me your ambitions. What goals do you want to achieve? What are your goals in this fall?

- What are your goals in this fall?

T: S3, what are your goals in this fall?
S3: I have two goals. First, I practice playing the guitar every day. Second, I will pass Eiken grade 2.
T: Cool. What are your partner's goals in this fall?
S3: She says she is going to read at least twenty books in this fall.
T: Everyone has good goals. Try hard to accomplish the goals.

今度は、この秋の抱負についてのやりとりです。ここでは、goalという言葉を用いてこのやりとりをしてみました。Goalが日本語で言う「目標」を意味することをわからせるために、Tell me your ambitions. また What goals do you want to achieve?と伝えています。

本来、先の質問のWhat should you have done? に対して、I should have spent more time with my sons. と答えの例を挙げたように、この質問についても答えの例を示すのが有効なのですが、あえてここではそうしませんでした。その理由は、ここで答えの例を示すとそれをそのまま自分の答えにしてしまう生徒が多いと判断したからです。先の質問が過去を振り返るものであったのに対して、この質問は本人の「意志」を聞くものになっており、生徒にとっては、より負荷のかかるものになっています。多くの生徒が「逃げよう」とする可能性があります。それを避けるためにあえて例示をしませんでした。

このように、コミュニケーションを目的とした授業をする場合、教師は常に生徒の「心理」を読んで、ときに寄り添い、ときに突き放すというマネージメントをしなければなりません。これもまた重要な教師の役割です。

今回は、What are your goals in this fall? をトピックとしたやりとりの一例を紹介しました。先生方なら、どのようなやりとりをすることを考えますか? 次回は、これらのやりとりにさらに多くのことを加えた展開を紹介します。



 

この記事をシェアする

関連する記事