前回は「中高生は大人か子供か」というトピックでのやりとりを紹介しました。今回は、前回に続けるかたちで、さらにこの話題を掘り下げていきます。このトピックは少し「深い」ものではありますが、生徒が皆「自分ごと」として考えられる話題でもあります。

中・高 Week 16-1: A Child or an Adult (前)

【展開例】 太字部分の質問は、ペアでお互いに質問させます。

T: Many of you like to be treated as an adult. Well, are you independent? I mean, you don’t depend on
    others but do things on you own. Well, who wakes you up, yourself or your parents?

- Who wakes you up, yourself or your parents?

T: S1, who wakes you up, you yourself or your parents?
S1: I do. I wake myself up. Sometimes my parents do but not often.
T: Who wakes up your partner?
S1: She says her mother does.

朝、自分で起きられるかどうか、という質問は大人か子供かの試金石のようなものと言えます。自分で起きられない人間が大人として扱われることを望むのは矛盾していますよね。実際に高校1年生にこの質問をしてみると、少なからぬ生徒が親に起こしてもらっていることがわかります。

歯を磨く男

T: Actually, all of you depend on your parents. None of you live on your own. You need their help. That’s a
    matter of course. However, if you depend on them too much, it is not really great. How much do you
    depend on your parents? You depend on them very much, or not very much?

- How much do you depend on your parents?

T: S2, how much do you depend on your parents?
S2: Actually. I depend on them very much.
T: Why do you think so?
S2: Because I always need their help. I cannot get up without their help.
T: How much does your partner depend on her parents?
S2: She doesn’t depend on her parents very much. She does things on her own.
T: Would you give me an example?
S2: She makes her lunch on her own every morning.
T: Wow, she is very independent, isn’t she?

ここではストレートに「どれだけ両親に依存しているか」について話してみました。第三者に言われて初めて深く考えるという生徒も少なくないと思いますが、彼らにとっては考えてみるべき話題でしょう。クラスメイトの発言に刺激を受ける生徒もいるのではないでしょうか?「英語」の面では、重要表現である depend on を実際のコンテクストのなかで使わせて定着を促しています。

T: Well, all of you were very dependent on your parents five years ago. Have you become more dependent on
    them ? I believe no one has. Do you think you have become less dependent on your parents?

- Do you think you have become less dependent on your parents?

T: S3, do you think you have become less dependent on your parents?
S3: Yes, I do. I was much more dependent on them, but now not very much.
T: Would you give me an example?
S3: Now I wash my clothes on my own, also I sometimes make my breakfast or lunch on my own.
T: That’s good. Does your partner think he has become less dependent on his parents?
S3: He says he is still very dependent on his parents.
T: Does he wake up on his own every morning?
S3: Actually, he doesn’t. His mother wakes him up.

親への依存度を考える、あるいは自分の成長について考えることを促すために、5年前の自分と今の自分を比べる質問をしてみました。多くの生徒が自分が少しづつ自立し始めていることを意識するでしょう。英語の面では、less を用いたマイナスの比較表現を実際のコンテクストを用いて使って覚えさせています。depend on を使った後に、be dependent on を使うことにも意味があると思います。これらの表現が未習であっても既習であっても、こうして実際に使うことは、さらなる「定着」を促します。

今回は「中高生は子供か大人か」という少し「深い」トピックを扱ってみました。英語でやりとりをさせるには難しすぎると思われるかも知れませんが、ここで紹介したようにシンプルな質問を共有することによって、「難しさ」を緩和することができます。

優秀な教師の条件のひとつは、この「難しさ」を適切にコントロールできることでしょう。人間は唯一、難しいことを楽しむ動物です。簡単なことは楽しめないのです。子供たちが熱中しているゲームの難しさを考えてみると良いでしょう。また、英語学習そのものも同じです。難しいことにチャレンジすることは、あらゆる意味で生徒を成長させます。負荷を適切にコントロールして彼らの「知的好奇心」を刺激し、より難しいことに挑ませ、最終的に「知的快楽」を味合わせてあげることのできる教師でありたいものですね。

 

この記事をシェアする

関連する記事