見出し画像

『英語情報Web』はじまります。

これからは、冊子とWebで、英語教育の“今”をお届けします。

長年にわたって、英語教育に関するさまざまな情報をお届けしてきた『英語情報』が、今年度からWebでも読めるようになりました。

新しくはじまる『英語情報Web』は、今日からの授業ですぐに使えるSmall Talkの展開例を紹介するコンテンツをはじめ、授業改善に取り組む各地の先生方の動画を含む実践記事、冊子の『英語情報』で好評だった過去の記事など、幅広い情報を学校種別に、タイムリーに発信していきます。
また今後は、読者の皆さんとつながり、一緒に作り上げていくコンテンツも企画しています。

なお、昨年度から年2回発行となった冊子の『英語情報』は、毎号のテーマに基づく特集記事を中心とした保存版として、これからも年2回(5月、11月)お届けします。
新学習指導要領や評価に関する解説記事など、何度でも繰り返し読んで、今後の授業づくりにお役立てください。

これからは、冊子とWebで伝え、皆さんとつながっていく『英語情報』。
保存性の高い情報に特化した冊子と、実践的で即時性の高いWebのそれぞれの利点を生かし、読者の皆さまのニーズにもお応えすべく、さらに内容の充実した『英語情報』として、英語教育の“今”をお届けいたします。


2020年4月

公益財団法人 日本英語検定協会

<読者の皆さまへ>
『英語情報』は全国の先生方からのご協力のもとで成り立っております。

取材にご協力いただいた場合の謝礼などをお支払いすることはできませんが、英語教育に関わる先生方に役立つメディアを作っていくために、ボランティアでご協力いただける先生方を募集しています。

ご協力いただける先生方は、編集部(eigo-jouhou@eiken.or.jp)までご連絡ください。


この記事が参加している募集

自己紹介

10
公益財団法人日本英語検定協会発行の英語科教員向け情報誌『英語情報』がWebでも読めるようになりました。英語教育の“今”を知る。明日からの授業が変わる。先生方の授業づくりに役立つ情報を発信していきます。