見出し画像

『聴くトレID』~Intensive Dictation #4

それでは第4回のトレーニングを始めましょう。
トレーニングの流れは以下の通りです。

1.英文を聴いて、空欄部を埋めましょう。
  ※ノートや紙を用意して英文を書き取ってください。
  ※PCのメモ帳やWord文書にタイピングしてもOKです。
2.聴き取れないところを何度も聴いてみてください。
  ※どうしても聴き取れない部分は、あきらめてかまいません。
  ※1問の聴き取り時間は、5分程度を目安としてください。
3.スクリプトを確認し、間違いを直しましょう。
4.音声に合わせてスムーズに読めるようになるまで何度も音読しましょう。

リスニングと同時にスピーキングもトレーニングしましょう!


1.英文を何度も聴いて、空欄部を埋めましょう。

  ※ノートや紙を用意して英文を書き取ってください。
  ※PCのメモ帳やWord文書にタイピングしてもOKです。

☆ I’m sorry______________ , Marie.
★  ______ , Walter? I’ve__________________.
☆ I _____________ and _______________.
★ You _________________________.



2.聴き取れないところを何度も聴いてみてください。

※どうしても聴き取れない部分は、あきらめてかまいません。
※1問あたりの聴き取り時間は、5分程度を目安としてください。




3.スクリプトを確認し、間違いを直しましょう。

【解答スクリプト】
M: I’m sorry I’m late, Marie.
F: What happened, Walter? I’ve been waiting 30 imnutes.
M: I missed the 5:05 train and had to wait 20 minutes for the next one.
F: You really should have left home earlier.



4.音声に合わせてスムーズに読めるようになるまで何度も音読しましょう。


このトレーニングでは、「対話」を聴き取るので、日常会話でよく用いられる表現を学ぶことができます。今回で言うと、I’m sorry, I’m late. とか、What happened? がそうですね。対話を聴き取り、音読練習することで、これらの表現が「どのような状況で使われるか」も自然に学ぶことができます。いつか、実際の英語でのコミュニケーションの際に、このトレーニングで学んだ表現が口をついて出たりしたら素晴らしいですね。

6
公益財団法人日本英語検定協会発行の英語科教員向け情報誌『英語情報』がWebでも読めるようになりました。英語教育の“今”を知る。明日からの授業が変わる。先生方の授業づくりに役立つ情報を発信していきます。

こちらでもピックアップされています

聴くトレ
聴くトレ
  • 15本

【高校1年生、または英検準2級受験を考えている人対象】休校中の生徒の皆さんが、オンライン学習を進めていくための教材として開発され、各自が自分のペースで勉強できるコンテンツです。臨時休校期間は、日々更新予定。