見出し画像

『聴くトレID』~Intensive Dictation #1

それでは第一回のトレーニングを始めましょう。
トレーニングの流れは以下の通りです。

1.英文を聴いて、空欄部を埋めましょう。
  ※ノートや紙を用意して英文を書き取ってください。
  ※PCのメモ帳やWord文書にタイピングしてもOKです。
2.聴き取れないところを何度も聴いてみてください。
  ※どうしても聴き取れない部分は、あきらめてかまいません。
  ※1問の聴き取り時間は、5分程度を目安としてください。
3.スクリプトを確認し、間違いを直しましょう。
4.音声に合わせてスムーズに読めるようになるまで何度も音読しましょう。

リスニングと同時にスピーキングもトレーニングしましょう!

1.英文を何度も聴いて、空欄部を埋めましょう。

  ※ノートや紙を用意して英文を書き取ってください。
  ※PCのメモ帳やWord文書にタイピングしてもOKです。

☆ What’s______________  , Margaret?
★ What ________? Oh, no! _______________ !
☆ Were _________________________?
★ Yes, but I ________________________ .


2.聴き取れないところを何度も聴いてみてください。

※どうしても聴き取れない部分は、あきらめてかまいません。
※1問あたりの聴き取り時間は、5分程度を目安としてください。



3.スクリプトを確認し、間違いを直しましょう。

【解答スクリプト】
M: What’s that smell, Margaret?
F: What smell? Oh, no! My cookies are burning!
M: Were you making them for the party tonight?
F: Yes, but I guess I’ll have to go buy some at the bakery now.



4.音声に合わせてスムーズに読めるようになるまで何度も音読しましょう。


どうでしたか? 簡単な内容の対話文の聞き取りでしたが、意外に聴き取れない部分が多かったという人も多いのではないでしょうか? 特に最初の“that” のthの音は日本語にない音なので聴き取るのが難しかったかもしれませんね。でも、これでthの音がどのような音なのかがわかったはずです。自分でも何度も発音してみて、同じ音を出せるようにしましょう。このトレーニングを繰り返していくと、「聴き取れる音」「発音できる音」が増えていきます。



6
公益財団法人日本英語検定協会発行の英語科教員向け情報誌『英語情報』がWebでも読めるようになりました。英語教育の“今”を知る。明日からの授業が変わる。先生方の授業づくりに役立つ情報を発信していきます。

こちらでもピックアップされています

聴くトレ
聴くトレ
  • 15本

【高校1年生、または英検準2級受験を考えている人対象】休校中の生徒の皆さんが、オンライン学習を進めていくための教材として開発され、各自が自分のペースで勉強できるコンテンツです。臨時休校期間は、日々更新予定。