見出し画像

【㊱】中学校2・3年生向け:Bridge, Unit 18, "Cash or Cashless?"

<動画を視聴するために>
以下リンク先にお名前とメールアドレスをご入力いただくことで、この動画を視聴するためのパスワード(※)を簡単に入手できます。
https://form.qooker.jp/Q/ja/eigojoho0416/password/
(※)パスワードは全動画共通です
<学校の先生方へ>
この動画授業は、文部科学省作成の新中学校学習指導要領対応教材『Bridge』を使用して、聞く、読む、話す、書く活動を包括的に取り入れながら組み立てたものです。これは移行期間に活用されるものですが、これを臨時休校中の生徒の皆さんが自主学習で学べるように、発問や支援を工夫しながら撮影しました。英語学習における「先生とのやり取り」を大切にしながら、学習に取り組んでいただきたいと思います。

『Bridge』は以下文部科学省のページからダウンロードいただけます。
https://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1414459_00002.htm
===== 指導案 =====

・あいさつ・簡単なやり取り
・Small Talk

バスや電車に乗る時、交通系ICカードを使うかどうか。また、買い物をする時にもICカードを使うかなどについて、先生と伝え合おう
・Comprehension
Cash or cashless? というタイトルの文章を読み、内容を理解しよう
・Check your Understanding
2つの文が、それぞれ本文の内容と照らし合わせてTrueかFalseかを判断しよう
・Let’s Talk
あなたは現金とカード払いのどちらが好きですか。理由や説明を添えて書いてみよう
・Let’s Write
“CASHLESS OK!” という貼紙のあるお店で、カードを示す男性と店員を表すイラストを見て、店員がどのように言ったかを考え、書いてみよう。“The clerk told …” から始めましょう
・あいさつ

使用教材:Bridge Unit 18
協力:文部科学省
指導助言者:愛知県立大学 教授 池田 周
49
公益財団法人日本英語検定協会発行の英語科教員向け情報誌『英語情報』がWebでも読めるようになりました。英語教育の“今”を知る。明日からの授業が変わる。先生方の授業づくりに役立つ情報を発信していきます。

こちらでもピックアップされています

特別協力企画
特別協力企画
  • 37本

新型コロナウィルスの感染拡大に伴う休校措置により、英語の授業を受けることのできない児童生徒が全国に多くいます。 このような状況の中、英検協会では児童生徒が自宅でも英語学習を進められるよう授業動画を定期配信して参ります。 小学校5年生~中学校3年生を対象とし、文部科学省作成教材を活用しながら、まるで授業を受けているような臨場感のある映像をお届けできればと思います。児童生徒の皆さん、動画の中の先生と一緒に、英語を使って学びましょう。